【海外で自炊】トラベルクッカーを使った簡単レシピ|ラーメン編

中国の暮らし

この記事は次のような方にオススメです!

  • トラベルクッカーってどんなもの?
  • 海外で自炊をしたい!

僕の仕事、海外長期出張が多いんですよ。

最近では1回の出張あたり2,3ヶ月海外にいます。

海外に長期間いると、やっぱり自炊して日本の味を求めたくなるときがあるんですよね。

海外で食べる日本製食品の安定感・安心感たるや。。。

それに「現地の料理が合わない」という方にとっては死活問題ですよね。

そんなときのお助けアイテムが『トラベルクッカー』です!

このアイテムのおかげで、海外での食生活の幅が一気に広がりました!

では、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

トラベルクッカーとは

あらためて、トラベルクッカーとは簡単に言えば持ち運び可能なコンパクトな鍋です!

ヒーター、鍋、どんぶり、ふた、スプーン&フォーク、巾着袋で構成されています。

トラベルクッカーの箱の中身

特徴① 使い方が簡単

最小限の機能しか備えてないので、使い方はいたってシンプル!

プラグをコンセントに差し込むとヒータ部が加熱されます(スイッチ無し)。

ヒーター部はすぐに熱くなるので触らないように気をつけましょう!

ヒーター部の上に鍋を置けば調理を始められます。

トラベルクッカーの鍋とヒーター

こんな感じ。

サーモスタット(温度過昇防止機能)機能が付いているので、空焚き状態や電圧間違いなどで異常に温度が高くなった場合は自動で電源がOFFされますよ。

特徴② 海外の電圧(220〜240V)にも対応

『100-130V』と『220-240』をスイッチで切り替えることができるので、日本国内はもちろん、海外で使うことができます。

トラベルクッカーのヒーターの電圧調整部

特徴③ コンパクト(だけどちょっと重い・・・)

この鍋セット、非常にコンパクトです。

スーツケースの容量が限られている中でこれはありがたい!

トラベルクッカーの収納サイズ

全部まとめるとこんな感じになります。

大体1辺がスマホと同じぐらいの長さの四角形ですね。

ネックは少し重いことですかね。

このセットで約1kgあります。

ついでにご紹介しておきますと、この白いふたの角に湯切り穴があります。

できることが広がりますねー。

トラベルクッカーの超簡単レシピ|ラーメン

それでは、実際に調理してみましょう!

まあ、レシピっていうほどのものでもなく、ただインスタントラーメンを作るだけですが。。。

今回は僕の大好きな『辛ラーメン』を作っていきます!

辛ラーメンの袋

さっそく袋を開封して、麺を鍋に入れます。

トラベルクッカーの鍋の中にラーメン

すっぽりと収まりますね!

次に同梱されていた粉末スープとかやくを入れます。

さらに!

海外でラーメンを作る場合にぜひオススメなのが乾燥野菜です!

ラーメンの具に使う乾燥野菜

僕がいつも持参するのはこういうやつ。

スーパーに売っています。

こちらもお好みの量を投入します。

ラーメンの上に粉末スープとかやくと乾燥野菜

では、ここから煮込んでいくわけですが、ポイントはお湯を別の機器で沸かしてから鍋に入れることです。

理由はケトルの方が沸騰までの時間が圧倒的に早いから。

もしケトルが無ければ水から沸騰させることになりますが、けっこう時間がかかります。

その点もこのアイテムの弱点ですね。

でも最近のホテルには大抵ケトルが置いてあります。

私がよく行く中国でも、ホテルには必ず置いてあります。

ラーメンにケトルで沸かしたお湯を注ぐ

熱湯を注いだら電源プラグをコンセントに差し込みます。

差し込む前に必ず電圧を確認してくださいね!!
(中国では220-240Vに設定しましょう)

あとは麺をほぐしながら煮込むだけです。

鍋でラーメンを煮込む

乾燥野菜もいい感じにふやけてきますね!

少し待てばグツグツしてきます!

あとはこのまま煮込んでいけば〜〜〜

ラーメン完成

はい!出来上がり!!

完成したら、忘れずに電源プラグを抜きましょう!

このトラベルクッカーにはどんぶりも付属されているのですが、僕はこの鍋のままいただいちゃいます!

単純に洗い物を増やしたくないのでね。

いや〜中国で食べる日本のラーメン、本当に美味しいんですよね!
(辛ラーメンは韓国の食べ物ではありますが・・・笑)

最後にもう一つオススメさせてください!

できればこいつも一緒に日本から持ってきていただきたい!

ニンニクとラーメン

最強の味変アイテムです!

このニンニクは醤油とともに僕の長期出張で必須です。

ラーメンに限らず、大抵の料理の味変に抜群の効果を発揮します!

すみません、ちょっとトラベルクッカーとは関係無くなっちゃいましたね。。

以上、超簡単ラーメンレシピでした!

まとめ

僕の周り、長期で海外出張にいく人が多いのですが、このトラベルクッカーを使っている人はけっこういるんですよね。

お米を持っていってご飯を炊く人もいますし、レンチンご飯やレトルト食品をボイルするのに使っている人もいます。

僕は主に袋麺に使っています。

カップラーメンよりかさばらずに何食分も持っていけるっていうのが長期出張にはありがたいんですよね。

最近はパスタにも作るようになりましたね。

付属のフタを使えばお湯切りもできるし、麺を茹でたらパスタソースを混ぜるだけなので非常に楽です。

引き続き今後も他の使い方を試していこうと思います。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました